読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラキートのパラスポーツ日記

パラキートのパラスポーツとの出会い

障がいと共に生きる社会〜ウィルチェアラグビー&まろえもんの社会科授業

障がいと共に生きる社会とは 昨年12月の暮れ、当事者として講演活動やイベント企画などを積極的に行っている矢嶋氏(以下まろえもん先生)にお声がけをいただき、川崎市内の某小学校で行われた「総合的な学習の時間」の公開授業にお邪魔してきました。 世間…

「ソーシャルフットボール体験会in川崎」開催!

大盛況!!ソーシャルフットボール体験会 ブログの更新が滞ってしまったため、ご報告が遅くなりましたが、以前パラキートブログで告知したソーシャルフットボールの体験会が、2月4日(土)川崎市の富士通スタジアム川崎にて開催されました。 その様子をお伝…

帆に風受けて〜第2回ソーシャルフットボール全国大会関東予選 番外編

FC PORTの挑戦 FC PORT(ぽると)。港町横浜で活動するこのクラブは、2008年の創設以来、メンバーが入れ替わりながらも活動を続けてきました。「PORT(港)」を表すチーム名の通り「チームメンバーがいつでも帰ってこられる、立ち寄ることができる港」として…

「世界」に手が触れた〜デフフットサルチャレンジカップ③関東選抜奮闘記

初めて見る「世界」 日本でソーシャルフットボールが発足して以降、国内開催の国際大会において日本のチームが海外チームと試合をしたことは、2016年に大阪で開かれた第1回ソーシャルフットボール国際大会しかありません。 国際大会・日本代表|JSFA|NPO法…

確かな一歩〜デフフットサルチャレンジカップ②関東選抜奮闘記

誇りを胸に大舞台に立ったソーシャルフットボール関東選抜 そしてこの日は、もう一つのチームにとっても特別な日になりました。それは、ソーシャルフットボール(精神障害者フットサル)関東選抜。2月の「ソーシャルフットボール関東大会」に出場した5チー…

歴史的な1日〜デフフットサルチャレンジカップ①国内初大会

その日、歴史が動いた 2017年3月16日。大田区総合体育館。 この日、この会場において歴史的な大会が開催されました。『デフフットサルチャレンジカップ』。 deafchallengecup.com デフ(聴覚障害)フットサル日本代表にとって、日本デフフットサル史上初、国…

【告知】電動車椅子サッカー第20回ドリーム・カップ3月18日開催!

全国の強豪チームが集まる夢の祭典、ドリームカップ 昨年10月に行われた電動車椅子サッカー日本選手権。全国の各地域予選を勝ち上がった強豪チーム同士が火花を散らしあったあの大会から早5ヶ月。その激闘を演じた彼らが、再び一つの会場に集います。バスケ…

【告知】歴史的一戦!国際大会デフフットサルチャレンジカップ!

歴史的一戦!初開催、デフ(聴覚障がい)フットサル国際大会 デフフットサルってご存知でしょうか?デフ(deaf)とは聴覚障害(ろう)のこと。聴覚障害者とは軽度〜重度の難聴者、成長過程で難聴になった中途失聴者を指します。デフフットサルは、文字通り聴…

激闘終演〜第2回ソーシャルフットボール全国大会関東予選激闘録③

激闘終演。ついに関東代表2チームが決定! この時点で埼玉CAMPIONEが4戦を戦い終え、1勝1敗2分で勝ち点5(+3※不戦勝)が確定。残る4チームは、順位が未だ見えないままクライマックスへと突入していきます。 第8試合 Espacio vs ダルク 第8試合目にして、関…

予想を覆せ〜第2回ソーシャルフットボール全国大会関東予選激闘録②

混迷深まる大会の行方は 全てのチームが一巡した時点で、下馬評ではさほど注目されてこなかったFC PORTが首位。そして優勝候補筆頭と目されていたダルクが勝ち点ゼロスタートと、この大会の難しさを物語る結果となりました。そして第4試合が始まります。 第…

重圧を愉しめ〜第2回ソーシャルフットボール全国大会関東予選激闘録①

関東一が決まる、年に一度の決戦 2月25日AM9:00、川崎市立川崎高校体育館。 前日までにあらかたのセッティングを終えていた会場にはチーム関係者や主催側スタッフが集まり、計測機材や音響設備のチェック、タイムスケジュールの確認など、入念な最終準備が行…

第2回ソーシャルフットボール全国大会関東予選会、開催迫る!

精神障がい者フットボールの頂点を決める大会 来る2月25日(土)、第2回ソーシャルフットボール(精神障がい者フットボール)全国大会関東予選会(以下関東大会)が開催されます。 関東4県から地方大会を勝ち上がってきた計6チームが、今年10月に愛媛で開催…

希望と展望〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記③

改めて感じた、時速10kmの落とし穴 時速10kmカテゴリはFCクラッシャーズが4年ぶり2度目の優勝。時速6kmカテゴリはBLACK HAMERSが初優勝という結果で幕を閉じたマリノスカップ。表彰式の様子です。 時速6kmカテゴリで優勝を果たしたBLACK HAMERS。3人で大会を…

2つの頂点〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記②

時速6km、緻密な神経戦を制したのは… 時速6kmカテゴリで決勝に駒を進めたBLACK HAMERSとバレッツ。おそらく初めての顔合わせとなる両チーム、どんな試合展開になるのか。 選手登録3人で今大会に挑むBLACK HAMERSは、埼玉からの参戦。10#石井佑季選手がその…

新時代への船出〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記①

新レギュレーションは黒船か、宝船か。 国際基準である「制限速度時速10km」のルールが導入され、電動車椅子サッカーの大会も様変わりすることになった2017年。その初戦となる大会が1月21日(土)に横浜ラポールで開かれました。以前からパラキートブログで…

寄り添うということ〜『けんちゃん〜amputee boy〜 鳥飼祥恵写真展』

「けんちゃん〜amputee boy〜 鳥飼祥恵写真展」にお邪魔しました! 少し日が経ってしまいましたが、先日あるカメラマンさんの個展へお伺いしてきました。 町田フォトサロンで開催されている「けんちゃん〜amputee boy 鳥飼祥恵写真展」。 撮影したのは鳥飼祥…

【告知】ソーシャルフットサル体験会開催決定!

サッカーならどんな障害も乗り越えられる!体験会開催決定 来る2017年2月4日(土)、富士通スタジアム川崎にて、ソーシャルフットサル (精神障害者フットサル)の体験会、開催決定! …ということでパラキートの所属する「FCぽると」の佐藤監督とメンバーが…

雌雄決す〜第20回南関東テコンドー選手権大会観戦記③

雌雄を決する第三試合 第二試合は、先ほど伊藤選手と対戦した若手選手が試合を制し、いよいよ第三試合へ。 …その対戦の合間、ふと足元を見ると、何やらゲームコントローラーのようなものが。 まさか選手達はこのコントローラーで操作されてたりして?…なんて…

誰よりも強く〜第20回南関東テコンドー選手権大会観戦記②

スポーツ好きが逆境を救う 静寂の中でのデモンストレーションが終わり、再び会場は活気に満ち始めました。 午後からはさらに上位のクラスの試合がスタート。 いよいよ、伊藤選手の出場する「キョルギ(パラ部門)」の試合が始まります。 その舞台に姿を現し…

美技に酔いしれて〜第20回南関東テコンドー選手権大会観戦記①

テコンドー大会、いよいよ初潜入! イオンモールでの体験会から一週間。 伊藤選手が出場する、神奈川県テコンドー協会 NPO 特定法人 炫武館主催 第20回南関東テコンドー選手権の会場である横浜文化体育館にやって来ました。 スタッフの方に事前撮影申請の確…

ハナ!トゥル!セッ!テコンドーってカッコいい!〜パラテコンドー体験会〜

テコンドー初見学! 風が冷たくなり始めた12月。 千葉の幕張にあるイオンモール幕張新都心に私は降り立ちました。 前日の夜に首を寝違え、カメラの重みがいつもの倍以上に感じられる 最悪のコンディションながら、気分はハイテンション。 なぜなら今日は、あ…

横浜・F・マリノスカップ開催詳報&横浜中央図書館展示に行ってきました!

第14回横浜・F・マリノスカップ開催要項詳報! 先日の記事でお知らせした電動車椅子サッカーマリノスカップの詳細が決定しました。 電動車椅子サッカーを観たことがない方も、電動車椅子サッカーがどんなものかを 「観て」「乗って」「知る」ことができる絶…

電動車椅子サッカー大変革! 1月21日(土)第14回横浜・F・マリノスカップ開催決定!

国際基準がついに採用! 実に6年越しのワールドカップイヤーを迎えた電動車椅子サッカー。 今年は日本電動車椅子サッカー界にとって大きな変革の年となりそうです。 以前の記事で、電動車椅子サッカーの国内ルールと国際ルールの ギャップについてお話ししま…

渋谷に超福祉展を見に行ってきました!

渋谷エリアで開催された「超福祉展」 昨年の話になりますが、渋谷のヒカリエを中心に駅前エリア周辺で開催された ピープルデザイン研究所主催「超福祉展」に行ってきました。 www.peopledesign.or.jp 超福祉って何?という方はこちら↓ 超福祉 - Wikipedia 障…

2017年明けましておめでとうございます!

2017年、明けましておめでとうございます。 新年、あけましたね! 明けましておめでとうございます。 今年も一年間、よろしくおねがい致します。 リオ五輪も終わり、ついに2020東京オリンピック・パラリンピックへの カウントダウンが始まったと巷では騒がれ…

感謝:2016年、有難うございました!

2016は障害者スポーツとの出会いの年でした 12月に入り、繁忙期ということもあってブログの更新が滞ってしまいました。 そうこうしているうちにもう大晦日になってしまいましたね。 そこで、この一年を振り返ってみようと思います。 昨年12月に障害者スポー…

ボールを追いかけて〜FCぽると練習参加【2016.12.3】

ぽるとのメンバーとして 失意のぽるとカップから一ヶ月。 あの敗退のショックを拭い去るかのような、穏やかな日の光が降り注ぐグラウンドに、 サッカーウェアを着てたたずむパラキートがいました。 周囲からは威勢の良い掛け声。今日はFCぽるとの練習日です…

横浜クラッカーズの練習にお邪魔してきました。

横浜クラッカーズ、来シーズンに向けた練習再開 熱闘のうちに閉幕した日本選手権から早くも1ヶ月。 シーズンオフに入り、来年を見据えて再開した横浜クラッカーズの練習を 見学させていただけるということで、十日市場の小学校体育館にお邪魔してきました。 …

ボールはトモダチ!〜精神障がいフットサル(ソーシャル・フットボール)って?

ソーシャル・フットボールってなに? ソーシャル・フットボール。 直訳すると「社交(社会)的なフットボール」になります。 発祥の国イタリアでは、性別や年齢、犯罪歴を問わず、誰でも参加できる競技であり、 社会的なマイノリティの垣根をなくすためのスポ…

フットサルは愉し 〜ヨコハマぽるとカップ2016 レポート【2016.11.5】

快晴! 11月5日(日)雲ひとつなく気持ちの良い秋晴れの空のもと、 横浜市保土ヶ谷区の「FC横浜LEOCトレーニングセンター」で、 「ヨコハマぽるとカップ2016」が開催されました。 私は横浜で活動しているソーシャルフットボールチーム「FC PORT」の マネージ…

未来!〜観戦記⑧ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】Final

選手の眼差しはすでに来年の日本選手権へ 閉会式。2日間しのぎを削った16チームの選手が再びアミティ舞洲に集いました。 大会会長、JPFA吉野忠則会長より、表彰が行われました。 第3位はNanchester United 鹿児島(九州1位)。 第2位はRed Eagles 兵庫(関西…

決着!〜観戦記⑦ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

22回目の決戦は関西勢同士の激突! 全日程トーナメント制という熾烈な争いの中をくぐり抜けてきたのは、 奇しくも地元・関西を拠点とする2チーム。 6年ぶりの戴冠で、再び日本の電動車椅子サッカーを牽引する象徴となれるか、 奈良クラブ・ビクトリーロード…

混戦!〜観戦記⑥ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

勢いに乗れるか九州勢VS地元の利を活かせるか関西勢 準決勝もう一試合は、クラッカーズを倒して勢いに乗る Nanchester United 鹿児島(九州1位)と、FCクラッシャーズを 接戦の末にかわしたRed Eagles 兵庫(関西2位)の対戦。 レインボー・ソルジャーVS奈良…

死闘!〜観戦記⑤ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

決勝の舞台に上がるのはどのチームか 大会は二日目に入り、前日の二回戦で勝ち上がった4チームが、 日本一の座をかけて準決勝で激突します。 会場ではすでに4チームが計測に入り、ウォーミングアップを始めていました。 注目はやはり優勝候補筆頭、レインボ…

波乱!〜観戦記④ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

波乱巻き起こる準々決勝 横浜クラッカーズの準々決勝の相手は3月のドリームカップで苦杯を舐めた相手、 Nanchester United 鹿児島(九州1位)です。 3月の敗戦のリベンジマッチとなるこの試合、選手たちに気負いは感じられず、 時折笑顔もこぼれ、メンタル面…

悪夢!〜観戦記③ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

舞洲に潜む魔物 横浜勢対決をクラッカーズが勝利で飾ったその余韻に浸る間もなく、 すでに1回戦第二試合の準備が始まっていました。 第二試合、AコートはFCクラッシャーズ(中部1位)VS FINE(北海道・関東4位) BコートはERST広島M.S.C(中国1位)VS 金沢ベ…

激突!〜観戦記② 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

横浜2チームの激突! 初戦で横浜クラッカーズが当たったのは、 奇しくも同じ横浜で常にしのぎを削り合う同郷のライバル、横浜ベイ・ドリーム。 かつては同じチームだった両雄は、青と赤に分かれてからも 互いに切磋琢磨してきました。 その両チームが初戦で当…

集結!〜観戦記① 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

決戦の地、大阪・舞洲へ 10月22日AM7:30。 薄曇りの中、妙な底冷えは海沿いだからか、緊張からくるものか…。 夜明けから少し時間が経った頃、私たちは大阪の街にいました。 …遡ること7時間前。 「横浜クラッカーズ」の応援団長とチームスタッフのお二人のご…

電動車椅子サッカーって?②

電動車椅子サッカーの魅力を伝える人 電動車椅子サッカーについて簡単に書きましたが、 それでもまだ「どんなスポーツかよくわからないぞ」という方へ。 電動車椅子サッカーの魅力を伝えるために、複数の映像クリエイターが 素晴らしい映像をまとめています…

電動車椅子サッカーって? ①

電動車椅子サッカーって知ってますか? 電動車椅子サッカーは、その名の通り電動車椅子に乗ってプレイするサッカー。 自立歩行が困難な障害者でもプレイできる競技で、その歴史は古く、 1978年にフランスで始まったそうです。日本に上陸したのは1982年。 選手…

第22回日本電動車椅子サッカー選手権大会、来週10月22日開幕迫る!

「脚を使わない」サッカー 私が初めて電動車椅子サッカーに出会ったのは、 今年2月末に横浜・大桟橋で開催された「よこはま大桟橋フェスタ2016」のとき。 「パラスポーツinよこはま大さん橋」という 横浜のパラスポーツ活動を紹介するブースの運営をお手伝い…

パレードは続くよTOKYOへ〜リオ五輪・パラリンピック凱旋パレード【2016.10.7】

10月7日 都内某所 雲ひとつない秋晴れの10月7日金曜日、 銀座の中央通りには大勢の見物人が詰めかけていました。 その中にひとりカメラを抱えて、パラキートは佇んでいました。 フラッグ片手に 9月のブラジル・リオデジャネイロで激闘を繰り広げた オリンピ…

アンプティサッカー初観戦! ⑤〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】Final

延長戦は気力を尽くした戦いに 声援に沸いた前後半50分が終了して、試合は延長戦に突入。 観客もメディアも、固唾を飲んで勝負の行方を見守ります。 開始直後は互いに慎重なプレイでスタート。 徐々にスピードが上がってきた後も、細かなプレイよりも 真正面…

アンプティサッカー初観戦! ④〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】

FC九州バイラオール2連覇なるか、頂点を決める一戦! 午後3時、それまで汗ばむくらいの陽光が照りつけていたスタジアムも、 日が傾いてだいぶ涼しくなり、またピッチにも選手たちの長い影が落ちはじめました。 エキシビションの和やかな雰囲気から一点、観…

アンプティサッカー初観戦! ③〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】

ふろん太、アンプティサッカーに転向! 会場は川崎フロンターレが管理をしている「富士通スタジアム川崎」。 3位決定戦が終わった後、ふとフィールドをみると、 Jリーグ川崎フロンターレのマスコット、ふろん太がそこにいました。 ふろん太がおぼつかない足…

アンプティサッカー初観戦! ②〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】

3位決定戦! 5位決定戦の興奮も冷めやらぬうちに、 次の試合、3位決定戦が始まりました。 パラキートはスタンドの上部にカメラを移動させて再び観戦です。 スタンドの上部には車椅子席がもうけられていて、 車椅子利用の観客も安心して観戦できるようにな…

アンプティサッカー初観戦! ①〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】

アンプティサッカー初観戦! 10月1日と2日の2日間にわたって、川崎市の富士通スタジアム川崎にて 「第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016」が開催されました。 日本のアンプティサッカークラブの頂点を決める大会です。 10月2日の二日目に、パラキ…

写真の使用許諾・肖像権について

このブログで使用している写真は、無断流用を固くお断りしております。 ただし、選手や協会への写真のご提供を行っておりますので、私からご提供差し上げた写真につきましては、選手ご本人もしくはご家族、競技関係者のみ加工や流用などご自由にお使いいただ…

パラ・障害者スポーツを見たい!(2)

パラリンピック種目だけが障害者スポーツではない パラリンピック種目が障害者スポーツの全てだと思われがちですが、障害者スポーツは他にもたくさんの競技があります。僕が最初に出会った障害者スポーツは「電動車椅子サッカー」。パラリンピックリオ大会で…

パラ・障害者スポーツを見たい!(1)

まずは「観る」ことから9月から始まるリオ大会、2020年の東京大会は共に全22競技。2018年冬季パラリンピック平昌大会は全5競技。パラ競技を何も知らない自分がやってみたいのは、まずは全ての競技を「生」で観戦することです。幾つかの競技大会を実際に試合…