読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、デフ(聴覚障害者)サッカー、ソーシャルフットボール(精神障害者サッカー)、知的障害者サッカーなど。そのほかのパラスポーツも紹介していきます!

電動車椅子サッカー

ドリームな夜!電動車椅子サッカードリームカップ③

Nanchester United鹿児島、逆境を跳ね返しての戴冠 興奮の展開となった第20回ドリーム・カップは、Nanchester United鹿児島の劇的な優勝で幕を閉じました。最終順位は以下の通り。 ---------------------------------------------------優勝:Nanchester Uni…

いよいよ順位決定戦!電動車椅子サッカードリームカップ②

順位決定戦はどの試合も白熱の展開! 順位決定戦は好カードが出揃いました。2年連続決勝に勝ち上がったNanchestre United 鹿児島と、近年全国大会において頭角を現しはじめたFCクラッシャーズの組み合わせや、関東勢同士のライバル対戦。遠からぬ縁があるRed…

夢の祭典!電動車椅子サッカードリームカップ①

全国の強豪が、決戦の地平塚に再び集結!! 電動車椅子サッカー夢の祭典「第20回ドリーム・カップ」。年に一度、ここトッケイセキュリティ平塚総合体育館で開催される、文字通りのオールスター大会です。昨年の日本選手権で躍動したチームが、再びこの地に集…

【告知】電動車椅子サッカー第20回ドリーム・カップ3月18日開催!

全国の強豪チームが集まる夢の祭典、ドリームカップ 昨年10月に行われた電動車椅子サッカー日本選手権。全国の各地域予選を勝ち上がった強豪チーム同士が火花を散らしあったあの大会から早5ヶ月。その激闘を演じた彼らが、再び一つの会場に集います。バスケ…

希望と展望〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記③

改めて感じた、時速10kmの落とし穴 時速10kmカテゴリはFCクラッシャーズが4年ぶり2度目の優勝。時速6kmカテゴリはBLACK HAMERSが初優勝という結果で幕を閉じたマリノスカップ。表彰式の様子です。 時速6kmカテゴリで優勝を果たしたBLACK HAMERS。3人で大会を…

2つの頂点〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記②

時速6km、緻密な神経戦を制したのは… 時速6kmカテゴリで決勝に駒を進めたBLACK HAMERSとバレッツ。おそらく初めての顔合わせとなる両チーム、どんな試合展開になるのか。 選手登録3人で今大会に挑むBLACK HAMERSは、埼玉からの参戦。10#石井佑季選手がその…

新時代への船出〜第14回横浜・F・マリノスカップ観戦記①

新レギュレーションは黒船か、宝船か。 国際基準である「制限速度時速10km」のルールが導入され、電動車椅子サッカーの大会も様変わりすることになった2017年。その初戦となる大会が1月21日(土)に横浜ラポールで開かれました。以前からパラキートブログで…

横浜・F・マリノスカップ開催詳報&横浜中央図書館展示に行ってきました!

第14回横浜・F・マリノスカップ開催要項詳報! 先日の記事でお知らせした電動車椅子サッカーマリノスカップの詳細が決定しました。 電動車椅子サッカーを観たことがない方も、電動車椅子サッカーがどんなものかを 「観て」「乗って」「知る」ことができる絶…

電動車椅子サッカー大変革! 1月21日(土)第14回横浜・F・マリノスカップ開催決定!

国際基準がついに採用! 実に6年越しのワールドカップイヤーを迎えた電動車椅子サッカー。 今年は日本電動車椅子サッカー界にとって大きな変革の年となりそうです。 以前の記事で、電動車椅子サッカーの国内ルールと国際ルールの ギャップについてお話ししま…

横浜クラッカーズの練習にお邪魔してきました。

横浜クラッカーズ、来シーズンに向けた練習再開 熱闘のうちに閉幕した日本選手権から早くも1ヶ月。 シーズンオフに入り、来年を見据えて再開した横浜クラッカーズの練習を 見学させていただけるということで、十日市場の小学校体育館にお邪魔してきました。 …

未来!〜観戦記⑧ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】Final

選手の眼差しはすでに来年の日本選手権へ 閉会式。2日間しのぎを削った16チームの選手が再びアミティ舞洲に集いました。 大会会長、JPFA吉野忠則会長より、表彰が行われました。 第3位はNanchester United 鹿児島(九州1位)。 第2位はRed Eagles 兵庫(関西…

決着!〜観戦記⑦ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

22回目の決戦は関西勢同士の激突! 全日程トーナメント制という熾烈な争いの中をくぐり抜けてきたのは、 奇しくも地元・関西を拠点とする2チーム。 6年ぶりの戴冠で、再び日本の電動車椅子サッカーを牽引する象徴となれるか、 奈良クラブ・ビクトリーロード…

混戦!〜観戦記⑥ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

勢いに乗れるか九州勢VS地元の利を活かせるか関西勢 準決勝もう一試合は、クラッカーズを倒して勢いに乗る Nanchester United 鹿児島(九州1位)と、FCクラッシャーズを 接戦の末にかわしたRed Eagles 兵庫(関西2位)の対戦。 レインボー・ソルジャーVS奈良…

死闘!〜観戦記⑤ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

決勝の舞台に上がるのはどのチームか 大会は二日目に入り、前日の二回戦で勝ち上がった4チームが、 日本一の座をかけて準決勝で激突します。 会場ではすでに4チームが計測に入り、ウォーミングアップを始めていました。 注目はやはり優勝候補筆頭、レインボ…

波乱!〜観戦記④ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

波乱巻き起こる準々決勝 横浜クラッカーズの準々決勝の相手は3月のドリームカップで苦杯を舐めた相手、 Nanchester United 鹿児島(九州1位)です。 3月の敗戦のリベンジマッチとなるこの試合、選手たちに気負いは感じられず、 時折笑顔もこぼれ、メンタル面…

悪夢!〜観戦記③ 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

舞洲に潜む魔物 横浜勢対決をクラッカーズが勝利で飾ったその余韻に浸る間もなく、 すでに1回戦第二試合の準備が始まっていました。 第二試合、AコートはFCクラッシャーズ(中部1位)VS FINE(北海道・関東4位) BコートはERST広島M.S.C(中国1位)VS 金沢ベ…

激突!〜観戦記② 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

横浜2チームの激突! 初戦で横浜クラッカーズが当たったのは、 奇しくも同じ横浜で常にしのぎを削り合う同郷のライバル、横浜ベイ・ドリーム。 かつては同じチームだった両雄は、青と赤に分かれてからも 互いに切磋琢磨してきました。 その両チームが初戦で当…

集結!〜観戦記① 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

決戦の地、大阪・舞洲へ 10月22日AM7:30。 薄曇りの中、妙な底冷えは海沿いだからか、緊張からくるものか…。 夜明けから少し時間が経った頃、私たちは大阪の街にいました。 …遡ること7時間前。 「横浜クラッカーズ」の応援団長とチームスタッフのお二人のご…

電動車椅子サッカーって?②

電動車椅子サッカーの魅力を伝える人 電動車椅子サッカーについて簡単に書きましたが、 それでもまだ「どんなスポーツかよくわからないぞ」という方へ。 電動車椅子サッカーの魅力を伝えるために、複数の映像クリエイターが 素晴らしい映像をまとめています…

電動車椅子サッカーって? ①

電動車椅子サッカーって知ってますか? 電動車椅子サッカーは、その名の通り電動車椅子に乗ってプレイするサッカー。 自立歩行が困難な障害者でもプレイできる競技で、その歴史は古く、 1978年にフランスで始まったそうです。日本に上陸したのは1982年。 選手…

第22回日本電動車椅子サッカー選手権大会、来週10月22日開幕迫る!

「脚を使わない」サッカー 私が初めて電動車椅子サッカーに出会ったのは、 今年2月末に横浜・大桟橋で開催された「よこはま大桟橋フェスタ2016」のとき。 「パラスポーツinよこはま大さん橋」という 横浜のパラスポーツ活動を紹介するブースの運営をお手伝い…