パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、デフ(聴覚障害者)サッカー、ソーシャルフットボール(精神障害者サッカー)、知的障害者サッカーなど。そのほかのパラスポーツも紹介していきます!

パラ・障害者スポーツを見たい!(1)

まずは「観る」ことから
9月から始まるリオ大会、2020年の東京大会は共に全22競技。
2018年冬季パラリンピック平昌大会は全5競技。

パラ競技を何も知らない自分がやってみたいのは、
まずは全ての競技を「生」で観戦することです。
幾つかの競技大会を実際に試合会場で見て思ったのは、
パラ・障害者スポーツの面白さは、その競技性だけでなく
独特の観戦スタイルやスタッフのサポートなど
映像では見ることができないディティールにあるということ。
なので、それらを出来る限り現場で観て知ることが、
パラ・障害者スポーツを観る楽しみだと思うのです。

次の東京まであと4年、平昌まではあと2年。
その間に行ける限りの競技大会に足を運びたい。
なかには、自分の中に「これだ」と思える競技が必ずあるはず。
それが自分なりのパラ・障害者スポーツの楽しみ方かもしれません。

 

f:id:okina_monkparakeet:20160824151247j:plain

2016年5月4日内閣総理大臣杯争奪第44回日本車椅子バスケットボール選手権大会


どれだけの競技があるの?

さて、とはいえどれだけの競技があるんでしょうか。

パラリンピック競技(夏季)wikipediaより引用

パラリンピック競技(冬季)wikipediaより引用 

実際観戦するとなると、カヌーやボート、射撃などは

遠隔地になりそうだし、国内で大会をどれだけ開催するか

調べておかないと大変かもしれませんね。

 

それに、パラリンピック種目ではない

障害者スポーツもできる限りは観戦したいし。

仕事の合間を縫いながら、どれだけの種目が見られるかも、

新しいチャレンジかもしれません。

 

頑張らなきゃ!