読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、デフ(聴覚障害者)サッカー、ソーシャルフットボール(精神障害者サッカー)、知的障害者サッカーなど。そのほかのパラスポーツも紹介していきます!

アンプティサッカー初観戦! ④〜第6回日本アンプティサッカー選手権大会2016【2016.10.1〜10.2】

FC九州バイラオール2連覇なるか、頂点を決める一戦!

午後3時、それまで汗ばむくらいの陽光が照りつけていたスタジアムも、

日が傾いてだいぶ涼しくなり、またピッチにも選手たちの長い影が落ちはじめました。

エキシビションの和やかな雰囲気から一点、観客席にはいつの間にか大勢の観客が。 

そして観覧席にはセルジオ越後氏 (日本アンプティサッカー協会最高顧問)、

武田 信平氏 (日本アンプティサッカー協会理事長)、

北澤豪氏(日本障害者サッカー連盟会長)、

そして、田嶋幸三氏(日本サッカー協会JFA】会長)の姿がありました。

 

いよいよ決勝です。

 

f:id:okina_monkparakeet:20161009051033j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20161009051003j:plain

鮮やかなサックスブルーのユニフォームが、過去5大会すべてに出場し、

優勝2回、準優勝3回を誇る九州の雄、FC九州バイラオール

FC九州バイラオール | 九州のアンプティサッカーチーム FC九州バイラオールのページです

2014年に開催されたアンプティサッカーW杯メキシコ大会で、

日本代表選手を実に4人も送り出している

アンプティサッカー創成期(2010年日本アンプティサッカー協会発足)からの強豪。

2015年に引き続いて2連覇がかかる大事な一戦を迎えます。

 

そして、白地に赤い襟が鮮やかに映えるユニフォームは、

アンプティサッカーを日本に初めて持ち込んだ文字通りの伝道師、

エンヒッキ・松茂良(まつもら)・ジアス選手の所属するFCアウボラーダ川崎

アンプティサッカークラブ FC ALVORADA.net

日本選手権は過去3大会出場、うち優勝1回、準優勝2回

W杯メキシコ大会ではなんと5人の日本代表選手を輩出。

その中には、前述のエンヒッキ選手のほか、

アンプティサッカーW杯に3回連続で代表選出された新井選手が所属しています。

 

日本選手権では2回、決勝の舞台で顔を合わせていますが、

もう一つのアンプティサッカーの公式戦であるレオピン杯Copa Amputee

(毎年5月開催)でも決勝で激突する2大クラブとなっています。

2チーム合わせて代表選手9人、お互いの手は知り尽くしているであろう

2チームの、ガチの勝負が始まります!

 

前半は

FCアウボラーダのキックオフで始まった前半直後は、様子を伺う

静かな立ち上がりでしたが、アウボラーダの楔が入った次の瞬間…

f:id:okina_monkparakeet:20161009195712j:plain

13番 岩崎正幸選手の強烈なファーストシュート!これはバーを逸れます。

その直後、FC九州バイラオールのGK 1# 東幸宏選手パントキック

アウボラーダのゴール前で待ち構えていた11#星川誠選手のもとへ。

ボレーを選択した星川選手を、アウボラーダのGK21#長野哲也選手が阻止!

f:id:okina_monkparakeet:20161009051142j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161009201048j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161009201103j:plain

後ろから追っていたアウボラーダ5#遠藤好彦選手と3人が激しく交錯。

その衝撃は音が観客席まで響くほどでした。

危険なプレイではありましたが、アンプティサッカー最大の魅力は

このアクロバティックなプレイです(怪我には気をつけてほしいです)!

 

FCアウボラーダがボールを持ち上げ、FC九州バイラオールがカットして

カウンターに持ち込む構図が何度か続きます。

f:id:okina_monkparakeet:20161009051252j:plain

前半、FC九州バイラオールの推進力となったのが、10#萱島比呂選手。 

日本代表のエースナンバーは、素早い駆け上がりと迫力のドリブル力で

幾度も相手陣営を切り裂き、萎縮させます。

f:id:okina_monkparakeet:20161010230303j:plain

特に前半12分〜14分の一連のプレイは、相手を自陣に釘付けにし続けました。

コーナーキック2本、ファウルのチャンスも作り出す活躍。

ドリブル突破でチャンスを演出すると、コーナーキックからも強烈なシュート!f:id:okina_monkparakeet:20161009204819j:plain

しかしそのイケイケムードを狙っていたのか、この直後に攻撃の間隙を縫って、

FCアウボラーダ10#エンヒッキ選手が凄まじいスピードとテクニックで

単身切り込みシュート!FCバイラオールを調子に乗らせません。

f:id:okina_monkparakeet:20161009210356j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161009051411j:plain

華麗なテクニックを見せるエンヒッキ選手。大きな歓声が沸き起こります。

f:id:okina_monkparakeet:20161009210830j:plain

相手のミスを拾い、強烈なカウンターを見舞うFCバイラオール7番加藤誠選手!

一進一退の攻防が続きます。

 

ついに試合動く!先制はFCバイラオール!

そして前半21分、ついに試合は動きました。

f:id:okina_monkparakeet:20161009051418j:plain

GK長野のロングフィードを受けた7#加藤選手からゴール前の

FC九州バイラオール6#DF松田隆洋選手とつないで、

最後はFC九州バイラオール9#ストライカー野間口圭介選手が叩き込む!

f:id:okina_monkparakeet:20161009212800j:plain

日本代表コンビ9#野間口選手&7#加藤選手6#松田選手の息のあったプレイが、

FC九州バイラオールに先制点をもたらしました。

 

反撃に出たいFCアウボラーダも、冷静なパス回しと#10エンヒッキ選手

個人技や超絶FKで決定機をつくりますが、得点には至らず。

逆にFC九州バイラオールもカウンターの機会をうかがい続けます。

 

そしてホイッスル。前半戦は昨年王者、FC九州バイラオールが先制で折り返しました。

 

さらに加熱する後半戦。予測のつかない攻防が続く! 

 

後半も主導権はFC九州バイラオール。

f:id:okina_monkparakeet:20161010105531j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010105539j:plain

開始早々、FKのチャンスに重いシュートを放つ7#加藤選手

枠をとらえたボールを弾くGK。鈍い音が響き渡ります。

その直後、一瞬の隙をとらえた#10エンヒッキ選手が猛烈な駆け上がり!

f:id:okina_monkparakeet:20161010225226j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010225236j:plain

しかし10#萱島選手それを阻止しボールを奪取する!

10番同士のマッチアップは後半に入るとさらにヒート!

f:id:okina_monkparakeet:20161010225621j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010225629j:plain

6#松田選手が詰めて10#萱島選手が拾い、スピードで仕掛ける。

常に互いにプレスを掛け合いボールを奪取しあう展開になります。

f:id:okina_monkparakeet:20161010232421j:plain

10#萱島選手、とにかくパスカットしまくってます!!そして速い!

f:id:okina_monkparakeet:20161010232812j:plain

11#星川選手はドリブルを仕掛けて2人を置き去りに!

ところがこのあと判定はシミュレーション※を取られイエローカードに…。

チャレンジが素晴らしかったので、カードはちょっと疑問でした。

【解説】シミュレーション:わざと転倒する行為、審判を欺く行為

 

FCアウボラーダが牙をむいた! 

 

そしてここから少しずつ流れがFCアウボラーダへと変わってきます。

f:id:okina_monkparakeet:20161010233527j:plain

後半15分、13#岩崎正幸選手の渾身のシュート。これは阻まれます。

f:id:okina_monkparakeet:20161010233942j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010233933j:plain

後半17分、10#エンヒッキ選手のドリブル突破。DF2人でも止められず、

たまらず引き倒してしまう10#萱島選手

f:id:okina_monkparakeet:20161010234319j:plain

そして直後のCKはコーナーポストを直撃!

早く追いつきたいFCアウボラーダの畳み掛ける攻撃が止まりません。そして…!

f:id:okina_monkparakeet:20161010234849j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010234856j:plainf:id:okina_monkparakeet:20161010235021j:plain

FCアウボラーダ6#細谷通選手のFKから、GKのこぼれ球に素早く反応したのは

#10エンヒッキ選手!!

抑えめのシュートはゴールに吸い込まれ、ついに同点に追いつきます!!

f:id:okina_monkparakeet:20161010235454j:plain

祝福しあうFCアウボラーダのメンバー。しかしすぐに険しい表情へ戻ります。

残り8分、試合は振り出しに戻ったばかりなのです。

f:id:okina_monkparakeet:20161009052008j:plain

「はい!バイラこっからあ!!バイラこっからあ!!」の声援が響き渡る!

f:id:okina_monkparakeet:20161011000412j:plain

その後も、それぞれの選手がしっかりと役割を果たしながら

f:id:okina_monkparakeet:20161011000413j:plain

最後の笛がなるまでボールを追いかけ続ける!

f:id:okina_monkparakeet:20161011000835j:plain

10番が10番に追いすがる!

f:id:okina_monkparakeet:20161011001349j:plain

意地と意地が真正面からぶつかり合う、息呑む8分間が過ぎ、

そして、後半終了を告げる笛が鳴り響きます。

王者同士の対決は、観る側には理想的とも呼べる白熱の展開へ。

 

いよいよ勝者が決まる、前後半10分ハーフの延長戦に突入します!

 

⑤へ続く