パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、デフ(聴覚障害者)サッカー、ソーシャルフットボール(精神障害者サッカー)、知的障害者サッカーなど。そのほかのパラスポーツも紹介していきます!

激突!〜観戦記② 第22回日本電動車椅子サッカー選手権【2016.10.22〜10.23】

 

横浜2チームの激突!

 

初戦で横浜クラッカーズが当たったのは、

奇しくも同じ横浜で常にしのぎを削り合う同郷のライバル、横浜ベイ・ドリーム。

かつては同じチームだった両雄は、青と赤に分かれてからも

互いに切磋琢磨してきました。

その両チームが初戦で当たるという、観る側にとっては絶好の、

そしてチームにとっては心境的に複雑な組み合わせになりました。

 

横浜クラッカーズにとっては勝手知ったる相手。とはいえ、それは相手も同じこと。

「相手としては与し易いが、気を引き締めないと足元をすくわれる」と

メンバーも話すとおり、日本選手権では普段と全く違った力が作用します。

 

とりわけ、今回のレギュレーションは敗れても望みが残るリーグ戦ではなく、

敗戦した時点で上位進出の可能性が絶たれる、ノックアウト形式(トーナメント戦)。

仮に初戦で敗れることになれば、順位決定戦も行われない、かなり過酷な条件です。

もちろん両チーム共、大阪まで来てたった2試合で帰郷するつもりはありません。

 

f:id:okina_monkparakeet:20161028191742j:plain

普段以上にミーティングに力の入るベイ・ドリームメンバー。

キャプテン9#加藤高明選手を中心としたチームです。

f:id:okina_monkparakeet:20161029001625j:plain

対する横浜クラッカーズメンバーも平野監督を囲み入念な打ち合わせ。

f:id:okina_monkparakeet:20161029002051j:plain

9月の関東大会から新キャプテンに就任した9#紺野勝太郎選手。期待がかかります。

f:id:okina_monkparakeet:20161029002333j:plain

試合前の計測。時速6kmの規定に照らし、速度に不正がないか一人一人確認します。

ちなみに時速6kmの規定は道路交通法を元に設定されています。

これを超えると道路交通法違反になるんだそうです。驚きの事実。

もちろん体育館は公道ではないので、時速10kmで走っても捕まりません。

(ちなみに国際ルールでは時速10kmが基準)

 

計測も終わり、いよいよキックオフです。大勢のサポーターが見つめる中、

試合が始まります。

f:id:okina_monkparakeet:20161029005121j:plain

キッキオフ直後から主導権を得るためのボールの奪い合いが勃発。

競り合うクラッカーズ10#竹田敦史選手とベイ・ドリームの兼任監督6#中山佳孝選手

f:id:okina_monkparakeet:20161029005635j:plain

その一瞬の間隙をついて横浜クラッカーズ17#永岡真理選手が開始早々のゴール!!

幸先の良い立ち上がりのクラッカーズですが、祝福しあうも緊張を解かない永岡選手。

f:id:okina_monkparakeet:20161029011206j:plain

出鼻をくじかれる形になったベイ・ドリームは、10#高林貴将選手、9#加藤選手

中心に反撃を試みます。しかしクラッカーズ10#竹田選手をはじめとした

硬い守備に押され、次第に押し込まれる展開になっていきます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029012308j:plain

ボールを運ぶ10#高林選手と、そのコースを消しに行く10#竹田選手。寄せが早い!

対するクラッカーズは17#永岡選手フリーキックコーナーキックからパスを供給、

7#三上勇輝選手がGKのポジションからシュートを放ちます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029021117j:plain

横浜ベイ・ドリームは20#木下絵里選手がゴール際で守備に大奮闘。

シュートを抑え、クラッカーズの9#紺野選手の猛攻をなんとか押さえ込みます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029021804j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20161029022031j:plain

途中、10#竹田選手7#三上選手がGKをスイッチ。すると試合が動きます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029023632j:plain

前線にあがった7#三上選手がパスワークから追加点!

さらに立て続けに3点目をたたき込み、3-0。試合はワンサイドゲームの様相に。

f:id:okina_monkparakeet:20161029022646j:plain

このまま前半が終了し、クラッカーズは堅実な守備と決定力で

有利な状況に立ちました。

f:id:okina_monkparakeet:20161029024337j:plain

俄然盛り上がるサポーター。出場が叶わなかった選手たちも応援しています!

 

ハーフタイム時には、互いにポジションや戦術の確認を行います。

前半終了間際に立て続けに2点決めた7#三上選手ですが、

奢ることなく、チームメイトへ声をかけ続けます。その肩には星が二つ。

優勝を勝ち取ることへの気持ちがその肩に宿っているように見えました。

f:id:okina_monkparakeet:20161029024421j:plain

 

クラッカーズの勢い止まらず

 

後半に入ってもその勢いが衰えないクラッカーズは、

再三チャンスを作り、ベイ・ドリームのゴールを脅かします。

f:id:okina_monkparakeet:20161029212538j:plain

ベイ・ドリームのゴール間際まで攻め込む17#永岡選手。

20#木下選手もどんどん食らいついていきます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029212518j:plain

後半から入った11#中山環選手。惜しいシュートを放ちます!

f:id:okina_monkparakeet:20161029215823j:plain

ベンチワークも活発に。まず1#山田晴香選手を投入。チャンスを果敢に攻めます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029215831j:plain

続いて8#内田裕貴選手を投入。全員サッカーで効果的に攻めていくクラッカーズ。

f:id:okina_monkparakeet:20161029215854j:plain

組織的な守りでチャンスをうかがうベイ・ドリーム。

しかしクラッカーズの攻撃を止めるのが精一杯な状況になっていきます。

f:id:okina_monkparakeet:20161029220534j:plain9#加藤選手とGK4#菅野選手とで17#永岡選手をブロック!

2on1(ボールの半径3m以内に選手が3人入ってはいけない)は適用外なので、

ゴール前はより攻略が難しくなっていきます。

しかしさらに攻め立てるクラッカーズ。

 

そして後半終了間際、赤いユニフォームがバンパーを振り抜いた先に、

ゴールは待っていました。 

f:id:okina_monkparakeet:20161030093040j:plain

4#菅野選手、20#木下選手が懸命にボールに追いすがるも、

一瞬早くシュートはその二人の足先をすり抜けていきました。

f:id:okina_monkparakeet:20161029212705j:plain

だめ押しの4点目を決めたのは新キャプテン、9#紺野選手!笑顔がこぼれます!

 

ゲームはそのまま終了!4−0!

初戦の横浜対決を制したのは横浜クラッカーズ!!

 

サポーターの大歓声が湧きます。「クラッカーズ!クラッカーズ!」

(なぜかクラッシャーズの選手も旗を持って応援してますw)

f:id:okina_monkparakeet:20161029221246j:plain

7#三上選手の好調に加え、キャプテン9#紺野選手のゴール、メンバー全員の出場など

数々の好材料を得て、クラッカーズは王座奪還に向け幸先良いスタートを切りました。

観戦している中で印象的だったのは、試合前の練習から切れ味の良いシュートを

決めていた7#三上選手のシュートの正確性と的確なポジショニング、

そしてチームを鼓舞し、また盛り上げるカリスマ性でした。

 

そのほか17#永岡選手の正確なセットプレイや、10#竹田選手が見せた献身的な守備。

それらがうまく噛み合ってたぐり寄せた大勝。

初戦の硬さも垣間見えましたが、開始5分経たずに伸び伸びしたプレーに移行する

あたり、百戦錬磨の貫禄を見せつけられた気がします。

f:id:okina_monkparakeet:20161030092901j:plain

しかし、敗れた横浜ベイドリームもとても素晴らしい試合を見せてくれました。

この対戦は何回でも見ていたい気持ちにさせられるほど魅力のある組み合わせです。

今後もクラッカーズと幾度も戦い、お互いを高めあっていく好敵手であることが

試合を通してビシビシ感じられた好ゲームでした。

対戦が終わった後の両者の柔らかな表情が、何よりもそれを物語っていました。

 

大会初戦は順調に滑りだしましたが、私たちは日本選手権の恐ろしさを、

この後まざまざと思い知ることとなるのです。

 

※Bコートで行われたもう一つの試合は撮影できず、記録を残せませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

1回戦 第一試合(A コート)RESULT

横浜クラッカーズ (北海道・関東1位)4 VS 0 横浜ベイドリーム(北海道・関東3位)

(ク)三上×2,永岡×1,紺野×1

 

1回戦 第二試合(B コート)RESULT

奈良クラブビクトリーロード(関西1位)2 VS 0 兵庫パープルスネークス(関西3位)

(奈)安井×1,中井×1

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

③へ続く