読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、デフ(聴覚障害者)サッカー、ソーシャルフットボール(精神障害者サッカー)、知的障害者サッカーなど。そのほかのパラスポーツも紹介していきます!

2017年明けましておめでとうございます!

2017年、明けましておめでとうございます。

 

新年、あけましたね!

明けましておめでとうございます。

今年も一年間、よろしくおねがい致します。

 

リオ五輪も終わり、ついに2020東京オリンピックパラリンピックへの

カウントダウンが始まったと巷では騒がれていますが、スポーツの祭典は

パラリンピックだけではありません。

国際大会だけを見れば、2017年も大きな大会がたくさんあります。

6年ぶりに開催される電動車椅子サッカーW杯アメリカ大会、

聴覚障害者だけで競われる、4年に一度の伝統ある国際大会・デフリンピック

2年に一度開催されるIPC陸上世界選手権

もちろん国内でも、各競技毎に全日本選手権や競技会が行われ、

各地で熱戦が繰り広げられます。

 

パラキートブログは、自分自身が多くの種目を実際に見て知り、

知識を深めていくことを目的に開設しました。

最初に掲げたのはパラリンピック種目を全て見ることでしたが、

ブログを続けていくうちに、取材で知り合った方やチームからのつながりを

頼りに、取材対象を広げていく方が面白いんじゃないかと思うようになりました。

 

例えば、アンプティサッカーの記事で紹介させていただいた伊藤力選手。

okina-para-sports.hateblo.jp

伊藤選手はアンプティサッカーの他に、パラテコンドーの選手でもあり、

2020の東京パラリンピック出場を目指していらっしゃいます。

光栄にもパラキートブログを通じてお知り合いになることができ、

パラテコンドーを知るきっかけを作ってくださいました(後日ブログ更新予定)。

 

また、サッカーのフリースタイラーの方ともtwitterで繋がらせていただくことができ、

彼がサポートしているCPサッカー(脳性麻痺サッカー)も今年は接点ができそうです。

このような形で、自分で知り合った方からのつながりで取材対象の競技を広げていく

ことが楽しくもあり、またより深い理解につながるような気がしていています。

 

それとともに、どのような伝え方をしていけば各競技にとってプラスになるのか、

当事者の方たちにも積極的にコミュニケーションをとりながら、

独りよがりではない、読み手や競技者・関係者にも有益になる、

より充実したブログを目指していきたいですね。

  

新たな競技を見に行きたい

 

パラキートブログの軸は「障害者スポーツ・選手を見て、知ること」。

主眼である電動車椅子サッカー、アンプティサッカー精神障害者フットサルに

重きをおきつつ、他にも興味のあるスポーツは機会を合わせて見にいく予定です。

 

来年2018は平昌パラリンピックということで、

そろそろウィンタースポーツも注目しなければならないでしょう。

クロスカントリースキーアルペンスキーアイススレッジホッケーなども、

機会を伺って観戦に行きたいと考えています。

実は小さい頃からウィンタースポーツ好きであり、そして第二の故郷である北海道に

帰るのものも楽しみだったりします。

 

 

2017年上半期 取材・観戦予定競技

1月 マリノスカップ(電動車椅子サッカー)

    ドリームカップ電動車椅子サッカー)

2月 精神障害者フットサル関東大会(精神障害者フットサル)

    アイススレッジホッケー体験会(アイススレッジホッケー

3月 IPCアルペンスキーW杯(アルペンスキー

    KPMG杯ブラインドサッカークラブ選手権(ブラインドサッカー

5月 レオピン杯(アンプティサッカー

 

果たしてどれだけの競技を見ることができるかなあ。

もちろん本業もあるので簡単にはいかないと思いますが…。

 

サポーター・スタッフとして

 

ブロガーとしてではなく、サポーター・スタッフとしての挑戦が、今年は始まります。

まず精神障害者フットサルチームFCぽるとのスタッフとして、

今季から少しずつサポートをさせて頂くことになりました。

観覧者の立場ではなく、仲間とともに目標達成を目指すことができる

栄誉を頂くことができたのです。

まず大きな目標は2月の関東大会優勝、そして、優勝したチームに道が開ける日本選手権の舞台。

 

私に何ができるのかはまだわかりません。それでもチームとともに喜びを分かち合うこと。

それができる喜びは何物にも勝るでしょう。

 

もう一つは、電動車椅子サッカーをより面白く、詳しく伝えること。

端的に表面を取り上げるのではなく、多角的にどう取り上げたらよいか、

そんなことを一年間通して試行錯誤できればと考えています。

 

いろんな側面から、今年はさらに細かく切り込んでいきたいと思います。

ただのブログでは知ることのできない、

リアルな視点からの障害者スポーツをどれだけ伝えられるか。

2017年の大きな挑戦の始まりです。 

 

どうぞご期待ください。

 

(了)