パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティ、電動車椅子、ブラインド、CP(脳性麻痺)、デフ(聴覚障害者)、ソーシャル(精神障害者サッカー)、知的障害者など。そのほかパラスポーツもご紹介!

新しい歴史〜第1回ソーシャルフットボール地域選抜大会激闘録①


ソーシャルフットボール初の試み。新しい歴史の幕上がる

快晴に恵まれた11月中旬、慌ただしく会場設営が進む帝京科学大学4Fアリーナの窓下には、秋空を水面に写す隅田川の青々とした流れが広がっていました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207184246j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207184231j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207184215j:plain

「第1回ソーシャルフットボール地域選抜選手権大会」。諸事情により出場を辞退した北海道を除く東北・関東・甲信越北陸・東海・関西・中国・四国・九州、8つの地域で結成された地域選抜チームの頂点を決めるという、ソーシャルフットボール界としては初めての試みが行われようとしていました。

全ての人に開かれた大会を目指して

ソーシャルフットボールの全国大会は、クラブチーム対抗形式で過去に2回開催されています。パラキートが活動している「FC PORT」が昨年の愛媛で開催された第2回大会で準優勝したことは、以前レポートした通りです。

しかしクラブチーム対抗形式では、選手が揃わなかったりチームの活動が少ないなどの理由で地域予選に出場できないチームには、最初からチャンスがないという問題もありました。「障がいの違いや地域、年齢や性別を問わず、全ての人に開かれた競技」それがソーシャルフットボールです。
新しく提唱された「地域選抜」形式は、そんな「活動が広がっていない地域の選手にも全国の頂点を目指す機会を与えたい」という想いから生まれたものでした。こうして、優勝を目標に結成されたチームや参加することに意義を見出すチームといった、多様な顔ぶれの8チームが出揃いました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207181812j:plain

今大会には台湾の精神障がい者フットサルの関係者が来賓。アジアの関心の高さが伺えました

f:id:okina_monkparakeet:20181207184643j:plain

そしてソーシャルフットボール日本代表監督、奥田亘氏の姿もありました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207182129j:plain

 

AM9:00
開会式が始まりました。今期から役員が刷新された日本ソーシャルフットボール協会。開会の挨拶に立つのは、新しく理事長に就任した佐々毅氏です。

f:id:okina_monkparakeet:20181207181829j:plain

佐々氏の激励の言葉に耳を傾ける選手たちは、皆一様に緊張した面持ち。

f:id:okina_monkparakeet:20181207181938j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207182000j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207182043j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207182021j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207181915j:plain

関東選抜のGK1#原田洋行選手の宣誓は、新しい歴史の幕開けを伝える号砲のよう。脈々と続いていく地域選抜大会の開会は、こうして宣言されました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207181852j:plain

開会式を終え、ウォーミングアップのために一斉に散っていく選手たち。2日間に渡る闘いが今始まりました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207182214j:plain


それぞれ想いを抱いて大会に臨んだ8チーム

予選リーグは4チーム毎2グループに分かれて争われます。
過去大会では常に実力上位にいる関東勢。今大会ではその関東選抜と、ライバルとも目される「ソーシャルフットボール発祥の地」関西選抜が同組になるという組み合わせにも注目が集まりました。

予選グループA

f:id:okina_monkparakeet:20181208235216j:plain

予選グループB

f:id:okina_monkparakeet:20181208235220j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208235224j:plain

 

さて、出場チームの顔ぶれを見てみましょう。

東北選抜(愛称:グランゼーレ東北)
青森、宮城、岩手の3県から選手が集まって結成された東北選抜。隣り合っていても交通の便が悪く、合同練習が叶わないまま大会に挑むことになりましたが、連携の良さは出場チーム随一。長く指導を続けている北海道からのスタッフも合流し、結束も上がっています。

f:id:okina_monkparakeet:20181207173858j:plain

 

関東選抜
埼玉、東京、千葉、神奈川の4県からセレクションを経て結成されたのが関東選抜。ソーシャルフットボール日本代表選手も多数顔を揃え、文字通りの優勝候補筆頭。ただ、セレクションも含め練習は3回のみと、意思疎通に不安が残る中での出場となりました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207173923j:plain

 

信越北陸選抜
山梨県で活動するアトムズ甲府・アレグラッソ甲州の2チームをベースに、長野県の選手も加え構成されたチーム。ソーシャルフットボールの主要大会に出場するのは今回が初めてというメンバーばかりのチームは、Jクラブのヴァンフォーレ甲府の後押しを受け、大会に臨みます。

f:id:okina_monkparakeet:20181207174003j:plain

 
東海選抜
静岡・愛知・岐阜・三重の4県から集った選手で結成された東海選抜。特に愛知県は希望者が多く、セレクションを経て選手が選抜されました。4県は交流も深く、チームワークも申し分なし。関東、関西と肩を並べる第3の勢力として出場しました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207174040j:plain


関西選抜(愛称:関西セレソン
8チームの中で、一番準備に余念のなかった関西選抜。絞り込まれた選手たちは「優勝」ただそれだけを目標に練習試合を重ね、家族のバックアップも受けながら準備を進めてきました。ホームとアウェイ、2種類のユニフォームを用意した所に、想いの強さを感じました。

f:id:okina_monkparakeet:20181207173627j:plain


中国選抜
鳥取、広島の2県から選手が集まり、結成されたチーム。岡山からも選手を擁立する予定でしたが、7月の西日本豪雨災害により参加を辞退。彼らの想いを胸に秘めて、今大会に臨みました。

f:id:okina_monkparakeet:20181123120951j:plain

四国選抜(愛称:四国88)
競技人口が最も少ないとされる四国地域。愛媛、高知、徳島の3県から集まった選手たちで構成された選抜チームです。2015年の第1回ソーシャルフットボール全国大会で四国選抜として出場した経験を生かし、今大会にぶつけます。

f:id:okina_monkparakeet:20181207174131j:plain


九州選抜(愛称:九州amigo)
九州6県それぞれにソーシャルフットボールチームが存在する九州。今大会ではそのうち、長崎県で活動している2チームを合流させ、九州選抜として大会にエントリー。メンバー数は少人数ですが、個々がそれぞれ高いポテンシャルを持ったチームです。日本代表キャプテンを務めた10#八木選手がチームを牽引します。

f:id:okina_monkparakeet:20181123123502j:plain

 

激しく火花散る開幕戦

グループA 第1試合 四国選抜 vs 中国選抜

開幕戦は中国選抜vs四国選抜。隣り合った地域なだけあって負けられないライバル同士です。鮮やかな色彩のユニフォームに身を包む両チーム。地域を代表する誇りと、大舞台に挑む喜び。そんな色々な感情が混ざった表情に、シャッターを切る指にも力がこもります。

f:id:okina_monkparakeet:20181207200215j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207182107j:plain

中国選抜は女性選手を含め6人がフィールドに立ちます。チームを率いる山田健太監督は、初戦で緊張する選手たちに静かに声をかけていました。対して、女性選手がいない四国選抜のフィールドには選手が5人。女性選手がいる場合は最大6人で戦えるソーシャルフットボールの特徴を生かすことができるか。

f:id:okina_monkparakeet:20181207195025j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207200128j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207195006j:plain

-------

前半

前半開始のホイッスルと同時にペースを握ったのは四国選抜。フィールドを広く使いながらパスをつなぎ、中国選抜ゴールに迫ります。

f:id:okina_monkparakeet:20181207202805j:plain

攻め込まれる中国選抜は、守護神16#高木太平選手を中心に必死の守備で失点を防ぎます。

f:id:okina_monkparakeet:20181207202838j:plain

しかし前半3分、四国選抜10#板東光選手がGKの顔の横を抜く直接FKを叩き込み、先制点。高々と指を天に突き上げる10#板東選手。そして歓声に沸くサポーター席!

f:id:okina_monkparakeet:20181207204436j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181209111706j:plain

中国選抜は反撃を試みますが、前半はシュート1本のみ。ほぼ主導権は四国選抜に傾いたまま、前半を終えます。ハーフタイムに修正を試みる山田監督

f:id:okina_monkparakeet:20181207222441j:plain

----------

後半

押されっぱなしの前半から変化が出てきた中国選抜。後半開始直後、ゴール前の混戦から13#池岡亘哉選手が押し込み、値千金の同点弾。

f:id:okina_monkparakeet:20181207204603j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207220310j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207205742j:plain

後半途中から交代したGK1#隅坂純也選手の献身的な守備にも助けられ、臆さず四国選抜のエリアへと向かっていきます。

f:id:okina_monkparakeet:20181207220257j:plain

しかしその勢いもつかの間、後半3分に四国選抜11#坂東要太選手の鮮やかなミドルシュートが決まります。沸き立つベンチ!試合は再び四国選抜のペースに。

f:id:okina_monkparakeet:20181207220322j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207220224j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207220238j:plain

キープ力や球際の競り合いなど細かな部分で優る四国選抜は、後半5分に追加点、さらに終了間際にもう一点決め、勝負を確実にします。

f:id:okina_monkparakeet:20181207205929j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181207205917j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181207205933j:plain

四国選抜は持ち前のチームワークをいかんなく発揮して、初戦を勝利。敗れはしたものの、中国選抜の山田監督の目には初戦を全力で戦った選手たちが、頼もしく映っていたはずです。

f:id:okina_monkparakeet:20181207211117j:plain

初戦勝利で勝ち点3を得た四国選抜は次戦に東海選抜と、一方の中国選抜は東北選抜との試合が待っています。

f:id:okina_monkparakeet:20181208233940j:plain

------------------------

初戦から波乱のグループB

グループB 第1試合 関東選抜 vs 九州選抜

二戦目はBグループの初戦、優勝候補の関東選抜が登場。過去の全国大会で常に決勝に勝ち上がってきた強豪Espacio(千葉県)のメンバーを筆頭に、関東各県のチームから精鋭が集まりました。

f:id:okina_monkparakeet:20181208000846j:plain

その相手は、ソーシャルフットボール日本代表キャプテンを務めた10#八木英充選手率いる九州選抜。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082353j:plain

ホームであり、15人もの選手を揃える関東選抜に対し、長距離を移動しメンバーも7人という苦しい状況の九州選抜。関東選抜の優勢は揺るがないと、誰もが思っていました。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082339j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181209111446j:plain

-------

前半

試合開始から関東選抜が小気味の良い連携を見せます。起点は3#松嵜俊太郎選手。チーム全体を落ち着かせ、攻撃のスイッチを押す役割です。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082356j:plain

前半2分、関東選抜はリスタートから放ったシュートを15#安武辰幸選手が押し込みます。先制を奪ったのは、やはり関東選抜でした。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082405j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082412j:plain

なおも畳み掛ける関東選抜に対し、九州選抜も体を張った守備を見せます!

f:id:okina_monkparakeet:20181208082403j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082445j:plain

九州選抜は10#八木、8#石田嵩人選手の個人技で活路を見出そうとしますが、5#村松英二選手を中心とした高い集中力を保つ関東選抜の守備に阻まれ、前半は無得点。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082433j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181208082449j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082449j:plain

前半はプラン通りといったところの関東選抜。チームを率いる桜井健丞監督が選手を引き締めます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208232411j:plain

----------

後半

後半も関東選抜はシュートを連発しペースを維持。しかし九州選抜GK1#古賀和真選手がこれをことごとくセーブし、凌ぎます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208224619j:plain

ゴールが決まらない中、次第に攻めが単調になる関東選抜。対する九州選抜は10#八木選手の個人技が冴え、次第に形勢が逆転し始めます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082610j:plain

後半2分、関東選抜は一瞬の緩みを突かれ、失点。同点に追いつかれます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208223905j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082456j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181208225207j:plain

ベンチから選手たちを鼓舞する竹田智哉コーチ。その声に選手たちも再び気持ちを奮い立たせます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208230658j:plain

突き放したい関東選抜ですが、疲れからかプレーに精彩を欠き、守備も徐々に隙ができ始めます。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082544j:plain

それを九州選抜は見逃しませんでした。そして後半4分、ついに逆転を許します。決めたのはまたも10#八木選手。1点目と同様の技ありシュートでした。

f:id:okina_monkparakeet:20181208224833j:plain

メンバーを入れ替える関東選抜。しかし一旦混乱に陥った守備は容易に立て直せません。9#野田悠史選手を始め、九州選抜は猛攻を仕掛けます!

f:id:okina_monkparakeet:20181208224804j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082521j:plain
f:id:okina_monkparakeet:20181208082655j:plain

f:id:okina_monkparakeet:20181208082633j:plain

最後の望みをかけ反撃を試みた関東選抜ですが、好機を作り出せないまま試合終了。九州選抜、劣勢の初戦をものにしました。

f:id:okina_monkparakeet:20181208230327j:plain

落としてはいけない初戦を落としたことに、落胆の色を隠せない選手たち。しかし、観客からは彼らの健闘をたたえる拍手が鳴り響いていました。

f:id:okina_monkparakeet:20181208082321j:plain

少ない人数で勝ち切った九州選抜。その戦いぶりに、グループBトップ争いの行方は全く読めなくなりました。序盤から波乱の展開となった地域選抜大会、両グループの初戦を終えて、大会は午前中から盛り上がってきました。

f:id:okina_monkparakeet:20181208234050j:plain

②へ続く
----------------------------------------------------------------------------------------------------

※画像の無断使用・文章の無断転載を固くお断りします。