パラキートのパラスポーツ日記

障害者サッカー中心のブログです。アンプティ、電動車椅子、ブラインド、CP(脳性麻痺)、デフ(聴覚障害者)、ソーシャル(精神障害者サッカー)、知的障害者など。そのほかパラスポーツもご紹介!

皆様ありがとうございました!2018

 
Facebookでは今年の活動の振り返りを行なっていますが、とても年内に全てアップしきれないようなので、ひとまずは今年のご挨拶を(Facebookのパラキートブログファンページと同内容です)
 
f:id:okina_monkparakeet:20181231221639j:plain

よかったらFacebookもフォローしてくださいね!

https://www.facebook.com/parakeetdiary/?modal=admin_todo_tour

 
僕が障害者スポーツを初めて生で見たのは、2016年3月の電動車椅子サッカードリームカップでした。
そして半年後にブログ「パラキートのパラスポーツ日記」を立ち上げ。「現場に行ってこの目で見たもの・この耳で聞いたものだけを自分の言葉にする」というポリシーのもと、現場へ足を運び、選手たちのカッコ良い写真を撮り、彼らへ渡す。そんな活動を続けてきました。
 
今年は初めて北陸へ足を運び、新しい出会いも発見もありました。映画「蹴る」のプロモーションツールデザインや、ソーシャルフットボール地域選抜大会、クラウドファンディングのリターン品デザインなど、本業のデザイナーとしての力を役立てることもできました。
2018年12月現在、ブログ記事は123記事。PVは59000を突破しました。一般のブログとしてはかなり少ないPV数だと思います。それでも2年半で60000回近く障害者スポーツに興味を持ってアクセスしてくださった方がいたことは貴重なことだと、僕は思っています。
もともと飽き性、筆不精の自分がここまで活動を続けてこられているのは、会場で僕を見かけるたびに声をかけてくださる関係者の皆さんのおかげです。
「おー!松本さん」「パラキートさん!」「インコさんこんにちは!」ベンチから、スタンドから、廊下ですれ違いざまに。皆さんから声をかけてくださいます。
カメラを抱えて走り回る僕の体調を気遣ってくださる方や「弁当余ったから、よかったら食べてくだざいね」とそっと弁当やパンを差し出してくださる選手やスタッフの方々。
そして「宿泊場所に困ったらいつでも言ってください」とまでおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。
 
また「うちのチームの練習もぜひ取材してもらえませんか?」「うちの大会にもきてください」「今度ぜひ一緒にボール蹴りましょう」と声をかけてくださる方も。
そんな皆さんに少しでも写真を届けたい、試合の臨場感を伝えたい。その想いに突き動かされて、毎週のようにどこかしらに足を運んでいた、そんな一年でした。
 
皆様の温かさに感謝するとともに一方で思うのは、それだけ「パラキートのパラスポーツ日記」が期待をかけていただいているということ。もっと言えば、素人が運営するパラキートブログに期待をかけざるを得ないほど、パラスポーツに関心を寄せる全体数が少ないことを表していると思います。もっと関心を向けさせるような情報発信が僕自身足りていないなと痛感する一年でもありました。
 
もう一つ。これはある電動車椅子サッカーの関係者にいただいた言葉です。「パラキートはは選手たちの声を代弁してくれる、貴重なメディアです」。
それは、今も僕の中で最上位にある言葉です。物言えぬ選手、悪い環境に置かれている競技が実はいくつかあります。自由に声を上げられない選手や関係者も大勢います。その彼らの声を代弁するのは、「無責任な第三者」である個人メディアの役割。
ただ漫然と見て伝えていくだけではなく、考えながら、頭の中で咀嚼しながら。パラキートはそんなスタンスで活動していけたら良いなと思っています。
 
2019年もすでに取材計画を立て始めています。
来年は、取材は重ねつつも記事化できなかったCPサッカー(脳性麻痺)を中心に、個人的に一番思入れの深い電動車椅子サッカーと、仲間のいるソーシャルフットボールを引き続き丁寧に取り上げていきたいと思います。これら3つの競技は、特に認知度や拡散力の低い競技です。パラキートブログは、そんな競技にこそスポットライトを当てていきたいのです。
もちろん、アンプティサッカーブラインドサッカー・デフも、その魅力を伝えていきます。ただ、もしかしたら少し違う切り口で、より興味をそそるような伝え方ができるかもしれません。
デフフットサルは来年、大きな節目を迎えます。時間が許すかぎり、それを追いかけることができたらと思います。
こうして書いている間にも、構想だけはどんどん溢れてきて止まりません。
あとは時間とお金だけ。そちらは本業のデザインを頑張らないとですね!
 
-----------------------------------------------------
 
人生42年間の中で、ここ数年が一番のリア充な気がしますww
2018年心揺さぶり続けてくださった全てのスポーツアスリート、ならびに関係者の皆様、そして下手くそな僕に歩調を合わせて共にボールを蹴り続けてくれた仲間たちと、無二の親友に、絶大なる感謝を。
 
2018.12.31
パラキートことインコグラフィカ 松本 力